ブラジャーの正しい選び方

妊娠中から産後・卒乳後に最適なブラジャーの選び方

投稿日:

妊娠中から産後・卒乳後に最適なブラジャーの選び方

「妊娠した!」とわかってから始める出産準備のひとつとして考えたいことに、ブラジャーの問題があります。

ついつい赤ちゃんのことばかりに気を取られてしまいますが、妊婦さんの体の変化、特にバストの状態を整えることがとっても大切になります。

妊娠中や産後すぐ、授乳期間、そして卒乳後と、バストはどのように変化してブラジャーを変える必要があるのでしょうか?

それぞれの時期に適したブラジャーの選び方をまとめてみました!

 

妊娠中・産後・卒乳後で変わるバストに応じてブラジャーを選ぶべき

妊娠中から産後・卒乳後に最適なブラジャーの選び方

妊婦さんのバストは母乳の準備を整えるため乳腺が発達して、妊娠直後からバストにハリや痛みを感じることもあるほど、急激に変わり始めるのです。

妊娠してから2カップもサイズアップした!」「授乳期は人生一番の巨乳だった」という体験談がめずらしくないほど、バストのサイズが大きく変化します。

しかし大きくなったものはそのままではありません。

授乳期間が終わると、大きくなったバストはまた元のサイズに戻っていきます。

ここまでサイズが変わるとなると、それぞれの期間でブラジャーを変える必要がでてくるのです。

 

妊娠中や産後の授乳期間はこんなブラジャーは避けよう!選び方の注意点

妊娠中から産後・卒乳後に最適なブラジャーの選び方

いわゆる”マタニティブラ”という妊婦専用のブラジャーがあるように、妊娠中にはバストをゆったりと支えてくれるブラジャーが必要になります。

この期間は、普段着けているような一般用のブラジャーは絶対に避けましょう!

一般用のブラジャーはバストや体のラインを綺麗に見せることが目的のため、バストを締め付けて乳腺の発達を邪魔してしまうのです。

特に妊娠後期からはバストの下半分から脇にかけてかなり大きくふくらみ、母乳を蓄えるために重さも重たくなっていきます。

ワイヤー付きのブラジャーを着けていた場合、ちょうどワイヤーがあるあたりが一番締め付けがきつくなるでしょう。

また、バストだけでなくお腹も大きくなってくるため、アンダーのサイズもきつくなってきてしまいます。

 

授乳期間は授乳しやすいものを

バストが大きく重くなっている状態は、授乳期間ずっと続きます。

授乳は1日に何十回も必要になるため、バストをきちんと支えるだけでなく”授乳がしやすいこと”も重要になってきます。

そのため、乳首の部分が開くタイプや、ブラジャーのひもを簡単に取り外して前を開くことができるような「授乳用ブラジャー」がとても便利に感じられると思います。

このようなブラジャーには、頻繁にモレてくる母乳を受け止めるためのパッドも入れておけるので安心です。

毎日の授乳のことですから、ブラジャーによってできるだけ快適に、ストレスのないような状態を整えたいですよね。

病院によっては「産褥(さんじょく)ブラジャー」や授乳用ブラジャーを入院時の持ち物として指定されることもありますので2・3枚は持っておいても無駄にはなりません!

 

卒乳後はバストケアにシフトしたブラジャーの選び方を

妊娠中から産後・卒乳後に最適なブラジャーの選び方

妊娠とともに2カップほどサイズアップしたバストも、授乳期間(目安として6ヶ月ほど)が終われば元のサイズに戻っていきます

元の状態に戻るだけならまだしも、「しぼんだ感じがする」と感じる人も多いようです。

たしかに授乳期間が終わるにしたがって、バストにはハリが少なくなって下垂も始まり、放っておくとせっかくの綺麗なバストラインがどんどんと崩れていってしまいます。

それを防ぐためには卒乳後のバストケアが不可欠!

特にバストの位置や形をきちんとキープできるようなブラジャーが適しています。

妊娠前に使っていたような一般用のブラジャーでも良いですが、妊娠・出産で体型が変わっていることも考え、その時の自分のバストに合っているものを選びましょう。

また、締め付けがきついと血行が悪くなって逆にバストのハリをなくしてしまうこともあるので、要注意です。

 

妊娠中から産後や卒乳後も使えるブラジャーの選び方がおすすめ!

いろいろな種類のブラジャーが登場したので、ここでちょっとまとめてみたいと思います。

 

妊娠中から産後、卒乳後に最適なブラジャーの選び方
妊娠中~授乳期間産褥ブラジャーもしくは授乳用ブラジャー。総称してマタニティブラと呼ばれることも多い。
卒乳後バストの位置や形をキープできるタイプのブラジャー。ただし締め付けがきつすぎるのはNG。

 

妊娠・出産はバストの変化が激しいため、ブラジャー選びにも一苦労かもしれませんね。

しかし一番大切なポイントは「しっかりとバストを支えられる」というところにあります。

たとえばマタニティ専用のブラジャーでなくとも、スポーツブラやパッド入りのキャミソールを好んで使っている人もいます。

とくにバストの位置や形をキープするという点では、ナイトブラもかなり有効です。

ナイトブラは眠っている間にバストが左右にずれて形が崩れるのを防ぐ効果があるため、脇のお肉も中心に集めてバストラインを綺麗に保つことにも役立ってくれますし、ノンワイヤーで伸縮性も抜群です。

サイズによっては妊娠中のサイズアップしている期間から卒乳後の時期まで、そのまま使い続けることができるかもしれません。

ご自身に合ったそれぞれのブラジャーを検討してみてくださいね!

Copyright© 【ふんわりルームブラ】口コミ評判|効果や最安値までを徹底解説 , 2019 All Rights Reserved.